ある草野球チーム番記者の辛口観戦記

草野球チーム ブリザードを追い続ける番記者(某選手?)が 試合の模様を辛口でお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

右の大砲3人衆!

9月17日月曜日(敬老の日)。
第60回体育祭軟式野球競技一般の部準々決勝。対ジャガーズ戦。
ここ数試合、先に点を取られ追いかける苦しい試合展開が続いているだけに
先制して優位に試合を進めたいブリザードところだ。

ブリザードの前の時間帯に行われていた井荻対第三リーグ戦の
勝者が準決勝の相手になる。
毎年のように大会で対戦する大ベテランチーム第三リーグ。
井荻の速球は投手に押され敗戦。
井荻が準決勝に進出、相手が井荻に決定した。
あの速球はなかなか打てないぞ。手強そうだ。

あっ、ブリザードの準決勝進出はまだ決定していないって!


さて、プレイボール!

先攻のブリザード。
1番バッター兼左の大砲の内田三が欠場のため、右の大砲高野が
初めて1番に入った(外野の守備に着くのも初めて)。が、
あっさり三者凡退。苦しい。

立ち上がり不安な山村は、連打にエラーが重なり
あっさり4失点。苦しい。

4点を追う2回表、エラーで出塁した矢輪だ三塁手を三塁に置き
7番山村の右中間への2塁打(中堅手が目測を誤った?)で
1点を返した。
4回、4番矢和田、5番古川の連続ホームランで2点を追加し1点差に。
続く5回は、高野中堅手のソロホームランでついに追いつく。
さらに内田太遊撃手、金子左翼手、輪和田三塁手の3連打で
一気に逆転に成功。
ベンチに盛り上がる。

2回から4回まで無得点に抑えていたブリザードだったが
5回裏、守備の乱れから1点を返されてしまう。

1点差に追いつかれ追加連を上げたいところで、先頭の山村が
内野安打で出塁。
投手ながらすかさず盗塁に成功し追加点のチャンス。

二死後、前の打席ホームランの高野がセンターへ打ち返し
山村が生還。
高野は3安打猛打賞。1番に抜擢成功。
きっちり仕事をこなした。

ブリザード2点のリードで迎えた最後も守り。
疲れの見える山村はヒットとデッドボールでピンチを招き、
さらにヒットを打たれ1点差に。
二死までこぎつけるもピンチは続き、一打同点、
長打が出れば逆転される場面。
打者に集中し走者無警戒の投手山村から二塁走者が盗塁を仕掛ける。が、
捕手古川の素早い送球且つ的確な送球でタッチアウト。

ゲームセット!! 7-6 逃げ切った。ベスト4決定。

グッジョブ・オブ・ザ・ゲーム!!は、ブリザードが誇る右の大砲3人衆。
矢和田三塁手、古川捕手、高野中堅手
上井草だから打者有利ではあるが、苦しい試合展開の中よく打った。
頼もしい限りだ。


いやー 逆転のブリザード。
なかなかやるね。
若いころは先制されるとそのまま・・・って試合が多かったけど。
粘り強くなった。

しかしながら、ダメ出しはあるよ!
何度も書いているが投手山村の調子が悪い。だから先制されてしまう。
THE 安定感”と言われたあの人は何処に?
投手のリズムが悪ければ守備にも影響する。
ボールが手につかずポロポロとエラー絡みで3点を失っている。
あまり点を取れないであろう準決勝、決勝ではつまらないミスが
敗戦に繋がる。集中することが大切だ!


翌週行われる準決勝の相手は、前年度優勝の井荻。はたして?


そうそうここでDリーグ情報。
首位のゴーランドが高井戸イーストに12-0の大敗。
これでついに3敗で並んだ。
Dリーグ次戦(GENKI CLUB)は、翌週。
そう決勝と同日。キツイ日程だ。大変だ。
大会朝9時。Dリーグ夜7時。
朝と夜って時間空き過ぎ!
スポンサーサイト

テーマ:草野球 - ジャンル:スポーツ

次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。